これで判断力が速くなる?他の人と差をつける6つ。

 

判断力を早くする方法。

 

1.今まで普通のスピードでしていたものを意識して速くする。

 

部屋の掃除、シャワーを洗う時、料理の片づけ、仕事の

雑用や頭を使わない作業(単純な繰り返しの作業)を

意識して速くします。

そうすことにより、体がそのスピードに慣れてい行きます。

慣れていくと、そのスピードが自分の普通のスピードになってい行きます。

そのスピードに慣れたら、また、意識してスピードと正確性を上げていく。

 

2.優柔不断にならない。

 

どういう意味かというと、すぐに何事も決める。という事です。

ビジネスや仕事、異性とデートでもすぐに決断できる人は

仕事もできます。優柔不断にならず、すぐ決断出来る人になりましょう。

 

3.常に考え、比較する。

 

この常に考え、比較することの大事さを伝えたいと思います。

考える力を養えば、おのずと判断力、そのほかの能力も

上がっていきます。そして、比較する。AとBどっちが良いのか、

もし、Aを使って自分にメリットはあるのか?デメリットはあるのか?

Bと違うところはどこだろうか?

比較することで判断力は鍛えられます。自分に良い方向に持っていくときの

手段です。

 

4.冷静に状況を見る。(落ち着く。)

 

冷静に状況を見ることが大事です。心が焦っていては、的確な判断が

出来ません。スポーツでも同じです。

心が焦っていては重要な場面で自分の能力を最大限に発揮することが

出来ないはずです。

そして、周りの状況と今、自分の置かれている状況、そして、何がベストな

判断かを落ち着いて判断する必要があります。

 

5.過去の自分の判断をフィードバックする。

 

過去の自分の判断をを覚えておく必要があります。

その時の判断は本当に正しかったのか?

判断したことは間違っていなかったのか?

自分のミスをするパターンを覚えておけば、防止することが

出来ます。常に、自分の経験を身体、頭で覚えておくことが大事です。

 

6.様々な経験をする。

 

これが一番です。経験に勝るものはありません。

自ら経験する。率先して、そうすることにより、自分の中の

経験値が上がります。

レベル2からレベル3へ、

今までの自分ならしないだろう。と思われることをあえてすることで

新しい発見や自己成長につながります。

そして、5の経験をフィードバックし判断力に生かすのです。