質と量とスピードの関係と自己満足の世界。

 
仕事をしていて、思った事を
書きたいと思います。
 
みなさんは、仕事に対して
なにに、重きを置いていますか?
 
私の仕事は、スピードです。
ですが、スピードばかり
求めてしまうと、どうしても
質が落ちてしまいます。
 
質ばかり求めてしまうと
スピードが落ちてしまいます。
 
では、どうすれば質も高く、
スピードを速く出来るので
しょうか?
 
それは、間違いなく量を
こなす事です。
 
例えば、スポーツの世界では
サッカーではリフティングが
それに当たると、思います。
 
蹴り方だけはダメです。
感覚的に自分のものになるまで
何回も、何十回も蹴り続けら
なければ自分のものにはなりません。
 
ですが、そこにある一定量を過ぎると
自己満足の世界に入ってしまう場合があります。
 
仕事でもみなさん感じたことがあるのではないのでしょうか?
 
自分では完璧だと思っていても、自分より優れている人から
してみれば全然納得するレベルまでに達していないとき。
 
お客様から指摘を受けたとき。
 
この自分だけでの世界で満足しいてはいけません。
自己満足の世界で生きていては決して、人に尊敬させる、
影響を与える人になることはできません。
 
 
では、どうすれば良いのでしょうか?
 
 
それは、常に今の現状に満足しないことです。
良い意味で自分を疑うのです。他人をも疑うのです。
 
この疑うという意味は、悪いことを指しているのではありません。
 
確認を入念にするのです。そして、自分自身のミスの
パターンを確認したり、どうしたらミスが少なくなるのか?
 
自分で考え、自分で防ぎ、プラス、仕事上の仲間に
大きな失敗をしてしまう前に、未然に自分が相手の確認と
2回確認すればダブルチェックでき、正確性もあがるはずです。
 
 
話はそれてしまいましたが、この質を量とスピードと
自己満足の世界。仕事でも、趣味でも、この何億人いる
世界での人との関係。よりよく生活していくために
自分自身のために身に着けていきましょう!!