好きな相手に興味を持ってもらう4つの心理テクニック

どうやったら、自分の事を興味をもって

もらえるだろうか?

どうにかして、仲良くなりたい。

どうにかして、あの人を振り向かせたい。

人間は人に好かれたいし、良い印象を与えたい。

そういう思いを持った人は多いと思います。

 

少しでも、意識する相手に興味や関心をもって

もらえるための心理的なテクニックを紹介します。

 

1.単純接触効果

もしかしたら、聞いたことがあるかもしれません。

これは、気になる相手と毎日長い時間いるよりも、

何回もあいさつや顔を合わせたりする方が

印象に残りやすいということです。

TVでも一緒で一日のあいだにCMで女優さんや

俳優さん、スポーツ選手など何回も見ることで

あなたに印象を与えてるのです。

これを実際に日常であなたがするのです。

なんでも構いません。少しでもいいので、

一緒に作業したり、今で言えばLINEでも構いません。

接触する(顔を合わせる、毎日笑顔で挨拶する)回数を

増やしてください。少なからず、印象に必ず残るはずです。

そしたら、いつの間にかあなたことを気になっているかもしれ

ません。

 

2.相手を真似る。(心理学でミラーリングと言われる)

これは、良く言われることで相手の真似を意識的に

します。相手を観察し癖を真似してみたり、

同じタイミングで飲み物を飲んでみたり、

同じアーティストの音楽を聴いみたりと

人は自分と同じ行動、興味、共感してくる人

には自然と一緒に居たがるものです。

また、お笑いで言うと芸人さんが笑いを取るために

使っていますね。他の芸人のネタをあえて、

真似することにより、真似した芸人にも、

良い印象を与え、自分たちも笑いを取る。

もろパクリはいけませんが、同じテイストを含んだ笑い。

それぐらいでしたらいいと思います。

恋愛で応用するとしたら、相手が興味のあるものを

話しているときに例えば、音楽でもおいしいお店でも

youtubeの動画でも構いません。

その話をしているときはただ聞いているだけでいいです。

どういったことに興味があるのか覚えておいて、

次に会う時までに実際に音楽を聞いてみたり、

そのお店に相手に言わず行ってください。

それだけで次の話の話題になり、相手も自分と

同じことをしてくれたんだ。覚えてくれて

実際に行ってくれたんだと思い。その時もまた、

共感を得て、プラスあなたに良い印象を与えると思います。

 

 

3.表情を豊かにする。

え?そんなこと?と思われるかもしれませんが

大事なことです。無表情な人よりかは絶対に

表情豊かでリアクションしてくれる方が相手も好感

を持ってくれるはずです。

実際に、相手と話している時の自分の表情を気にした

事がありますか?

意識してみたら、意外と自分の関心のない

話をされていると無表情だったり、あまりリアクションを

とっていないのではないでしょうか?

好意を持って欲しい相手ではなかった場合はそのような

対応でも構わないと思いますが、もし、好意を自分の

方に持っていきたいのであれば、少しでも表情を

豊かにしたり、リアクションを多く取ることで

良い印象を与えると思います。

 

4.あえて興味がないふりをする。

上記の3つをある程度気になる相手、興味をもって欲しい

相手に実践してみます。

そこで、好意を自分に持ってくれているかな?興味を

もってくれているかな?と思ったら、逆に

相手の事を無視するのではなく、突き離すのです。

例えば、毎日相手にメールをこちら側から積極的に

送っているとします。ある時から急にメールを

送らなくなったら相手側どう思うでしょうか?

あれ?毎日メールが来ていたのに今日はどうしたのかな?

何かあったのかな?としきりに携帯をみることでしょう。

もしかしたら、相手側から気になってメールしてくるかもしれません。

人は習慣化されたことやバターン化された事がなくなると

違和感を感じものすごく気になってしまうのです。これを

使うのです。ですが、タイミングが大事です。

全く自分のことに興味がない場合にこの突き離していても

効果はありません。ぜひ、タイミングを見計らい。

あなたが今だ!!というタイミングで試してみてください。

効果があるかもしれません。

 

以上が、興味を持ってもらう心理テクニックでした。

必ずとは言えませんが、少なからずみなさまの

役に立つと思いますので活用してみてください。