やっぱりギャップがモテる理由。。

ギャップがある人がモテる。。。

 

優しいのに筋肉がある。

オラオラ系なのに猫が好き。

チャラチャラしてるのに勉強が得意。

ギャルなのに料理がめちゃくちゃ得意。

清楚系なのに、ダンスが趣味。

ごっつい車に女の子が運転。

 

いろんなギャップがありますね?

 

あなたもあえてギャップを作り、相手に興味を持ってもらいましょう!!

 

逆のパターン

清楚系なのにタバコ吸っている。

イケメンなのに、私服がダサい。

顔が怖いのにビビリ。

図体でかいのに臆病。

 

などなど、良い印象のギャップから

なんでそうなの?的なギャップから

おもしろいですね。

 

じゃあ、なぜギャップがある人は持てるのでしょう?

 

それは、良い意味で期待を裏切るからです。

人は予想と反している事が目の前で起きると強く印象に

残ります。

 

映画でもありますよね?

意外な展開、全然予想だにしない結末、

とか主人公が最後に死んだりなど、

 

良い意味で期待を裏切ると人はその人や

物に惹きつかれます。

 

食べ物でも同じです。

外観はボロくて清潔感がなさそうな場所だけど、

味は超一流、そういう店は話題性もあり良いギャップを

出しているのでテレビで取り上げられたり、

リピーターが増えるのです。

 

外観も綺麗でいかにも高そうで、料理も絶対おいしだろうな。

予想出来る店とどっちが魅力的に感じるでしょうか?

 

人も一緒です。

第一印象である程度の事を今までの経験から予測、

分析を勝手にしていて、この人はきっとこういう正確だろう、

部屋が汚いだろうな、と決め付けてしまうのです。

 

ですから、人の噂を間に受けるのではなく、やはり自分で

経験が一番の判断材料になります。

それを逆手にとり、あえてギャップを自分で作るのです。

能ある鷹は爪を隠すみたいに、

得意分野や特技はベラベラと人に言わず、

いざという時にとっておくのです。

 

そうするこで、良いギャップを作り出すことが

出来ます。

それと、第一印象も大事です。

普通を目指すのがいいと思います。

良くもなく、悪くもなく、が一番だと思います。

なぜかというと、普通の印象だとギャップを出した時の

効果が効果テキメンだからです。

普通の印象だと、相手が予想出来る範囲が一般的な

予想でとどまるからです。

 

あきらかにキャラがこゆすぎるとなんか

いろんなことできそうだな?と

思われるからです。

 

そこであえてギャップを作るのです。

 

良いギャップを作るために、密かに何か

周りから驚かれることを身につけましょう。

 

自分自身の価値を高めるのです。

英語で言うと、get identity capitalです。

 

この言葉は、今の私の人生の指針となっています。

表現力を身につけることは、伝えることのバリエーションが

増えます。

 

では、ギャップを作るために

みなさん、自分自身の価値を高めましょう!!