後ろ上斜め45度の視点について

 

みなさん、スポーツ観戦をした事は

ありますか?

 

サッカーでも野球でもテレビでも

構いません。少なからず、見たことはあると思います。

 

そのあなたの視点とはどのような視点で

見ていますか。実際にやっているサッカー選手や

野球選手は試合の中のグラウンドや球場内の

バッターボックスなどの視点と

観客席の視点、テレビの前の

カメラからの映像の視点、

様々な視点があります。

挙げたらきりがないですが、


この視点は単なる目線の事で

あって、考え方の視点では

ありません。


ですが、人間はイメージする事が

出来ます。

もし、本当のリアルの視点を

同じ目線を見ることが出来たなら

それはすごい事だと思いませんか?


その視点を持つ者こそが私は、

世の中で言う、成功者だと思います。


なぜかと言うと、確実に90%以上

の人よりも多角的に物事を判断し、

視点を増やし、なにが間違っていて、

なにが本当なのか見極める"目"を

持っているからです。


言葉では説明しずらいですが、

ある物事に対して、人が

一人称の視点で観ているとします。

多角的に物事を見る事が出来る人は、

観ている人から一歩下がって、または

後斜め45度ぐらいの位置から観て

いると思います。

わかりずらいとは思いますが

私なりの解釈ですので、

すいません。わかりずらくて、、、


何が言いたいのかというと、

物事を見極める目・視点を

身につけて欲しいということです。


一方向だけの考え方、視点ではなく、

上から見たり、下から見たり、

外からみたり、大きくして見たり、

小さくして見たり、何でもいいん

ですが、人とは違った視点、

自分なりの解釈、視点を身につけて

いって欲しいと思います。


そうすることで、昔の自分とは

変わったものを吸収出来ると

思うので。


最近の私自身の体験で言うと、

マンガをよく読むのですが、

小学校や、中学校の頃に読んだ

マンガを改めて読むと、昔は

気づかなかった事や言葉の意味、

感化される箇所など、全然

違いました。良い意味でも、

悪い意味でも。。笑

まあ、昔に比べてちょっとだけ

視点が増えて読み方も変わったからだ

と思います。


人は変われれるし、様々な変化にも

適応出来る能力を誰もが持っていると

私は信じているので、自分に

付加価値つける為にも日々、他の人は

違う、見極める目・視点をもっと

増やしていくよう頑張りましょう!!